出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]いとほ・し[シク]
  1. 大事にして、かわいがりたくなるさま。たまらなくかわいい。「どの子犬も―・く思う」

  1. かわいそうだ。気の毒だ。「被害にあった子供たちが―・い」

  1. 困ったことである。つらい。

    1. 「残りなく見せ尽くさむと思へるこそ―・しけれ」〈・帚木〉

[補説]動詞「いと(厭)う」からの派生という。つらいと思ってうとましく思うさま、苦痛で心身を悩ますさまを表すところから、自分に対しては、苦しい、つらいの意、他人に対しては、気の毒だ、かわいそうだ、いじらしい、さらに、かわいいの意が生じる。一説に「いたわしい」と関係する語ともいう。
[派生]いとおしがる[動ラ五]いとおしげ[形動]いとおしさ[名]

出典:gooニュース