出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]《「窺う」と同語源。目上の人のようすをうかがいみる意から、その動作の相手を敬う謙譲語となる》
  1. 聞く」の謙譲語。拝聴する。お聞きする。「おうわさはかねがね―・っております」

  1. 尋ねる」「問う」の謙譲語。「この件について御意見をお―・いします」

  1. 訪れる」「訪問する」の謙譲語。「明朝、こちらから―・います」

  1. 神仏の託宣を願う。「御神託を―・う」

  1. 《「御機嫌をうかがう」の意から》寄席などで、客に話をする。また、一般に、大ぜいの人に説明をする。「一席―・う」

[可能]うかがえる
[補説]最近、「伺う」の意味は、3の「訪れる」のみとして、1の「聞く」、2の「尋ねる」の意では使わない人が増えている。

出典:青空文庫