出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ア下一][文]ひか・ふ[ハ下二]
    1. ㋐用事や順番に備えて、すぐ近くの場所にいて待つ。待機する。「次の間に―・える」

    2. ㋑目立たないようにしてそばにいる。「主人の後ろに―・えている」

    3. ㋒空間的・時間的に迫っている。近くに位置する。また、近い将来に予定される。「後ろに山が―・えている別荘」「決戦の日が三日後に―・えている」「幾多の難問題が―・えている」

    1. ㋐度を越さないように、分量・度数などを少なめにおさえる。節制する。「酒を―・える」「塩分を―・える」

    2. ㋑自制や配慮をして、それをやめておく。見合わせる。「外出を―・える」「発言を―・える」

[補説]2㋐㋑について、「抜歯後はお酒を控えてください」とあった場合、㋐の「少なければ飲んでもいい」の意味ではなく、㋑の「自制して飲まない」の意味ととらえるのが妥当であろう。「アルコールを摂取した場合は運転を控えてください」は、明らかに㋑の意味である。

㋒忘れないように、また、念のため書きとめておく。「日程を―・える」「要点を―・える」

㋓衣服などを、おさえつかんで、行かせないようにする。引きとめる。「袖 (そで) を―・える」「馬を―・えて待つ」

㋔引く。引っぱる。

「後ろに背負ひたれば、いとど脛 (すね) 弱く力なき身の、あとざまに―・ふるやうにて、道なほ進まず」〈笈の小文

[補説]中世以降はヤ行にも活用した。→控 (ひか) ゆ

出典:青空文庫

出典:gooニュース