出典:デジタル大辞泉(小学館)

の上端部にある、行き詰まりの袋状の部分。噴門の左上方(向かって右)に突出した丸くふくらんだ部分で、横隔膜の直下に位置する。

[補説]仰向 (あおむ) けになったとき最も低い部位になる、あるいは、手術時に胃の下部から開腹すると一番奥に位置することから、上部にあっても胃底と呼ばれる。→子宮底[補説]