出典:デジタル大辞泉(小学館)

二つの事象に因果関係がないにもかかわらず、因果関係があるように見えること。二つの事象ABについて、ABが共に別の要因によって生起している場合、ABの間に疑似相関があるという。偽相関。