出典:デジタル大辞泉(小学館)

虹彩 (こうさい) にあり、瞳孔を輪状に取り巻く平滑筋内眼筋の一つ。副交感神経の支配を受け、この筋が収縮すると瞳孔が小さくなる。