出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副](あとに打消しの語を伴う)
  1. 断定しきれない気持ちを表す。必ずしも。一概に。「強ち(に)うそとは言いきれない」

  1. 強い否定の意を表す。決して。

    1. 「範頼、義経が申し状、―御許容あるべからず」〈平家・一〇〉

[形動ナリ]
  1. 強引なさま。無理やり。

    1. 「父大臣 (おとど) の―にしはべりしことなれば」〈大鏡・道長上〉

  1. いちずなさま。ひたむき。

    1. 「などかく、この御学問の―ならん」〈・少女〉

  1. 身勝手なさま。わがまま。

    1. 「おろかに過ぎにし方さへくやしうおぼさるるも―なり」〈和泉式部日記