出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ア下一][文]こしら・ふ[ハ下二]
  1. ある材料を用いて、形の整ったものやある機能をもったものを作り上げる。また、結果として不本意なものを作ってしまう。「弁当を―・える」「藤棚を―・える」「家を―・える」「こぶを―・える」

  1. 手を加えて、美しく見せるようにする。化粧したり衣装を整えたりして飾る。「顔を―・える」「身なりを―・える」

  1. 工夫を巡らし、ないことをあるかのように見せかける。「話を―・える」「うわべを―・える」

  1. 手を尽くして、必要なものを整える。用意する。「頭金を―・える」

  1. 友人・愛人などを作る。「女を―・える」

  1. なだめる。とりなす。

    1. 「―・へ聞こゆるをも、つらしとのみおぼされたれば」〈・夕霧〉

  1. 計画する。

    1. 「かねて―・へたることなれば、走りまはりて火をかけたり」〈義経記・八〉

    2. 作る[用法]