• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

間違いやすい英語

日本人が間違いやすい英語表現を、現役のネイティブ英語講師が分かりやすく解説。ビジネス、旅行等に役立てよう!

Lesson 2092017/12/13更新

今年もクリスマスが近づいて来ました。Jeffとシンタロウもクリスマスの予定について話し合っています。

Jeff: Do you have any plans for Christmas, Shintaro?
Shintaro: Yes, Jeff. I’m taking my girlfriend to Marunouchi to see the illuminations and have dinner in a fancy restaurant. We’re both feeling a lot of tension about it.
Jeff: Really? Why? You should be excited.

クリスマスの予定をJeffに尋ねられたシンタロウは、彼女と丸の内でクリスマスイルミネーションを見たあと素敵なレストランでディナーをする予定で、とても楽しみだと答えたつもりなのですが、Jeffは怪訝そうです。なぜでしょう。日本では「テンションが高い」などとよい意味で使う“tension”ですが、英語ではそのほぼ正反対の意味を持ちます。“tension”は緊張、ストレス、あるいは不安という意味の名詞で、さらに人対人、グループ対グループで感じる“tension”は敵対意識という意味になります。テンションを感じていることを表す形容詞は“tense”で、“I felt very tense before my exam.”(試験前はすごく緊張した)のように使います。シンタロウと彼女のテンションが上がっていると言いたいときは“We’re both feeling very excited about it.”と言いましょう。

今回の間違いやすいフレーズ

“tension”

筆者:ウィリアム・ブルックス(産経オンライン英会話アドバイザー)

バックナンバーを見る