• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あいびき/密会(みっかい)/忍び逢い(しのびあい)/逢瀬(おうせ)

  1. [共通する意味]
      ★愛し合う男女がひそかに会うこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔あいびき〕スル
      ▽人目を避けてあいびきを続ける
    • 〔密会〕スル
      密会の現場を友人に見られた
    • 〔忍び逢い〕
      ▽あの二人は今も忍び逢いをしているらしい
    • 〔逢瀬〕
      逢瀬を重ねる
  1. [使い分け]
    • 【1】四語とも現代ではあまり使わないが、この中では「あいびき」が最も一般的な言い方。「逢引」「媾曳」とも書く。
    • 【2】「密会」は、愛しあう男女に限らず、ひそかに会合を持つ意味でも使う。
    • 【3】「忍び逢い」「逢瀬」は、近代の文学作品などではよく使われた古めかしい言い方。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

逢瀬の類語

  • 現在 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi