• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

模索(もさく)/詮索(せんさく)/検索(けんさく)/物色(ぶっしょく)

関連語
手探り(てさぐり)
  1. [共通する意味]
      ★はっきりとしない物事を調べ求めること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔模索〕スル
      ▽解決の方法を模索する
      ▽暗中模索
    • 〔詮索〕スル
      ▽事件について詮索する
      ▽隣人の職業や収入などを詮索する
    • 〔検索〕スル
      検索の便をはかる
      ▽人名を検索する
    • 〔物色〕スル
      ▽土産物を物色する
      ▽室内を物色した形跡がある
  1. [使い分け]
    • 【1】「模索」は、いろいろと試みながら明らかにしたい事柄を探っていくことをいう。
    • 【2】「詮索」は、細かい点にまで及んで詳しく調べ求めることをいう。
    • 【3】「検索」は、特に、書物の中にある記述を探し求める場合に用いる。
    • 【4】「物色」は、多くの中から、目的にかなった人物や物を選び探すことをいう。
  1. [関連語]
    • (手探り) 確かな方法や周囲の状況が分からないままに事を進めること。「新しい企画は手探りの状態にある」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

模索の類語

  • 不確実に、または、盲目的に、利用できると感じる の意

詮索の類語

  • 答を探し求める調査 の意
  • 入念で体系的な捜索 の意
  • ある探査を受ける の意
  • 捜すか、捜索する の意
  • よく知らない、疑問が残る活動について調査すること の意

検索の類語

  • 答を探し求める調査 の意
  • 情報を集める の意
  • 捜すか、捜索する の意
  • 一組のアイテムの一つ以上が指定された属性を持っているかどうかについて見定める演算 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi